2019秋期講習

現代文

スタンダード 現代文

この講座を購入する

購入済みの方はログイン

  • 概要

  • 講師情報

  • 注意点

ご受講の前に

《予習について》 全講義、予習(解答して自分の答案をつくる)してから視聴しよう。 《講師メッセージ》 志望大の過去問に組織的に取り組み始める時期、受験勉強の孤独感が募り始める時期、一緒に乗り切って収穫の秋としましょう。

講座概要

国公立大受験生、私大受験生両方にとって有益なバランスのよい現代文講座です。設問は記述タイプ、選択肢タイプ、本文から適切な語句を抜き出すタイプ、網羅しています。また、文章素材も偏りなく、論説・小説・随筆を採用しています。文章と設問の難易度は、文字通りスタンダードですが、ここには基礎から応用まで含まれております。

第1講:随筆・記述編
第2講:小説・記述編
第3講:芸術論・映画論
第4講:随筆


アーカイブではほとんど扱っていない、小説の記述タイプ、随筆の記述タイプをいれています。これにより[秋期講習+アーカイブ]のセットで相互補完的になるように教材をセレクトしています。なお筆者は、横光利一・室生犀星(文学史の試験に出るほど有名な小説家)、堀江敏幸(芥川賞作家であり、早稲田大教授であり、入試現代文にモーレツ出題される人)などで、読書的価値の高い文章ばかりです。小説や随筆を素材にした記述などちょっとクセのあるものも、アーカイブにて一貫して採用している読み方解き方で対応できることを講義内で語ります。

開講日程

日程
テキスト
録画
第1講  
2019/10/19(土)
16:00
17:30
第2講  
2019/10/26(土)
16:00
17:30
第3講  
2019/11/02(土)
16:00
17:30
第4講  
2019/11/09(土)
16:00
17:30

※テキストは講義開始の1週間前までを目安にDL可能になります
※録画は講義終了後3営業日以内に視聴可能になります
※テキストのDL・録画の視聴にはログインと購入が必要です